アエラDot(インターネット公開)週刊朝日(2019年2月1日号に、院長のコメントの入った記事が掲載されています。「病気の可能性をチェック! 「昼間に眠い」を解消する方法」についてです。以下、一部引用です。

ライフスタイルの面から睡眠障害を考える、すなおクリニック(さいたま市)の内田直・院長は、昼間の強い眠気を訴える患者に、8時間睡眠を2週間継続するプログラムを実践してもらっている。

「職場や家族の協力が必要ですが、例えば午後10時から午前6時まではベッドにいてもらいます。このプログラムにより十分に睡眠がとれたことで、昼間の眠気がなくなったという人もいます。わかりにくい睡眠不足が、はっきりと自覚できます」(内田さん)

https://dot.asahi.com/wa/2019012200046.html?page=1