特発性過眠症

特発性過眠症とは 特発性過眠症は、日中の過度の眠気を主症状とする疾患のうち、ナルコレプシーの特徴(入眠期のレム睡眠の出現など)のないものの総称です。この他には、周期性過眠症がありますが、これが傾眠期と間欠期(寛解期)を繰...

日常診療での睡眠測定の方法

睡眠障害の相談をするなかで、ときに患者さんの言うことと実際にとれている睡眠の間に違い(乖離)があることがあります。例えば、全く眠れていないというけれども、ある程度眠れている事があるなどです。クリニックでの治療も目的は、患...