特発性過眠症

特発性過眠症とは 特発性過眠症は、日中の過度の眠気を主症状とする疾患のうち、ナルコレプシーの特徴(入眠期のレム睡眠の出現など)のないものの総称です。この他には、周期性過眠症がありますが、これが傾眠期と間欠期(寛解期)を繰...

2週間の長時間睡眠とはどのようなものですか?

睡眠不足症候群の可能性 「日中の過度の眠気」を主な訴えとして来院する患者さんは多くおられます。このような方の中には、「慢性の睡眠不足」の方も多くおられます。例えば、平均睡眠時間が5時間以下であるという場合、仕事中に居眠り...