バルプロ酸ナトリウム

なんの薬?

バルプロ酸ナトリウムは、てんかんの治療に用いられる薬です。てんかんは、脳の神経細胞が異常に活動してしまうためにおこる様々な症状で、けいれん発作のほかにも、意識が低下してしまう発作や、体が勝手に動いてしまう発作などが有ります。

バルプロ酸ナトリウムの働きは、GABAを代謝分解する酵素GABAトランスアミナーゼを阻害してGABAが神経末端で減らないようにすることによって、GABAの働きを強めます。GABAは神経の活動を低下させる働きがあるので、GABAの働きを強めると神経の活動はより低下いたします。その為、てんかんによる神経の異常な活動が治まるわけです。

気分安定剤としても

一方で、バルプロ酸ナトリウムは、気分安定剤としても使用されます。例えば、怒りを抑えられないような状態があったときに、バルプロ酸ナトリウムを服用すると、気持ちの高ぶりが神経活動を抑えることによって抑制され、様々な社会的な状況で問題となるような怒りが抑えられます。

このような目的でバルプロ酸を用いて、効果があった場合は自分自身も平静な気持ちで居られるので楽だというふうに仰る患者さんもおられます。

副作用は?

神経の活動が低下するので、眠気が大きな副作用と言えると思います。その他に、ふらつき、食欲の変化、体重増加、まれに脱毛などもあります。

妊娠している方には、胎児への影響がある場合があり、慎重に投与する必要があります。